部屋探しを邪魔されすぎる

さっ、今日も張り切って部屋探しするわ。「任せて!」「そうね。3人力を合わせれば―」あんたら誰?勝手に人様の所で何を?凄く残念な美人達...。

「馬鹿呼ばわり...」「最低、あんな一緒だったのに!」初対面...絶対。とにかく部屋探しするから、帰れ!「嫌」なぜ?

「君を尾行する会の会員No.1と2」「ちなみに私は1」「私が2」ちょ、それ凄く不気味。てかこんな魅力0で、アイドルでも無い自分を?

「魅力はある!」「だってこうも魅了させたんは、世界で貴女だけ!さ、百合の花を咲かせましょう」何を言ってる、貴様等。

部屋探しするの!帰れ!警察呼ぶよ。「警察...困るわ。捕まればもう尾行出来ない...」「...く、今日は引き下がるべき?やっぱり直接接触した事が、間違いだった...」

全部間違ってるわ!「じゃ部屋探し頑張れよ!後、お風呂の洗剤切れてたから足しといた!I LOVE YOU!」「ガンバ!以下同文」

目が覚めれば謎の連中が居て、急に去る。本当に嫌な朝じゃん。

ひどい噛み合わなすぎて爆笑

うっわぁー、部屋の片付けしてたら昔の交換ノートが出てきたー!!中を見てみたらもう何コレ、ひっどい

一番仲の良かった友達と、最初は手紙のやり取りだったのが、面倒になってきたからもうノートにしよう!ってなって、始めたものだったんだけど。

どうしてこうも、お互い相手の話を聞いて無いんだろう!!酷いすれ違いっぷりなのに構わずに自分の話をしまくってる(笑)うわー...もう恥ずかしさ通り過ぎて面白いよこれは。

けどなんで、学生って手紙のやり取りするんだろうねぇ。自分でもやってたけど今考えると謎過ぎる。毎日会うのになぁ。しかも折り方に超こだわるんだよねー。

おおぉ思い出すと、むず痒くなってきた!今の学生達もやるのかな?メールがあるからやんないのかなー。

エルゴラッソを手掛ける夢

「どったの?」私、今までさ、エルゴラッソは新聞だけと思ってたわけ。「へー」

でも実は、ウェブ版とゆーやつが存在し、インターネットで気軽に閲覧する事が、可能だったわけ。「損?」違う内容で、全然損は無い。

毎回エルゴラッソを購読組としちゃ、ウェブ版もご存じねーわけ?馬鹿過ぎー、馬鹿扱いされるのが滅茶苦茶悔しい。

「誰がそんなひどい事を...」勝手な被害妄想さ。事情を話せばそー思うじゃん?私が逆の立場なら多分思うよ。

「えー」エルゴラッソは、結構読み応えあってさ、歴史もある訳よ。書き方?が良いのかなぁ。本当、何れ私も手がけてーわ、エルゴラッソの様な紙面を。

「クリエイターっつーか、ライティング志望?」違げー。「え?」私は代々親が継いでる、八百屋を継ぐ羽目に...。

「ちょ、じゃあ」願望よ願望。夢?いつか本当に、叶えよう。「ふーん」随分興味無さげ。「いえ、女子で八百屋は、結構レアと...」

YES、美人な生果売り場のお姉ちゃんっつー感じ?